FC2ブログ

様様日記
ファイナンシャルプランナー"k子”の日常や趣味や仕事や様様なことについてまとまりなくアップしてます。

様様ブログ第25回

最近、テレビや新聞などでもよく話題となっていますが、

日本銀行が金融緩和政策を決めたことを受けて、

今月、長期金利の金利が過去最低水準となりました。


長期金利の変動に連動する金融商品といえば、「住宅ローン」。


この政策を受け、固定タイプの住宅ローン金利も過去最低水準を記録しました。


これに対し、変動タイプ住宅ローン金利は、「据え置き」となっています。


固定住宅ローンとは、住宅ローンを組み、支払いが始まったときから、

返済が終わるまで、金利がずっと変わらないタイプの住宅ローンです。

(期間を決めて、その間、金利が変わらないタイプのものもあります)


変動タイプの住宅ローンとは、5年ごとに金利が見直されるタイプです。



どちらも、メリット、デメリットはありますが、



これまでは、固定金利を選ぶ利用者の方は、

昨年、12年の4月~9月の間では2割以下だったのが、

このような動きの影響から、

今年の1月以降の統計では、固定金利タイプを選ぶ方が5割を超えているそうです。



今後、ますます金利が下ることが予想されていますが、


いつ、金利が上がるかも分からないのが事実です。



金額が大きい故に、長いつきあいとなる「住宅ローン」を検討する際には、

将来の金利上昇に備えた組み方をしておくことが重要ですね。



今回は、住宅ローン金利のお話でした

わからないことやご不明な点がある場合には、ご質問受け付けております~




スポンサーサイト





  1. 2013/04/06(土) 17:19:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する